バンコク

ディアライフでタイ・バンコクのお部屋探し

日本人向けのお部屋探しならディアライフ

ディアライフはタイ・バンコクを中心に展開している、日本人向けのお部屋探しサービスです。
主要なスタッフは日本人ですし、日本語対応を重視していますから、安心して相談したりお部屋探しを任せることが可能です。

現地スタッフも在籍していますが、直接的な対応を行うのは日本人なので、日本語によるコミュニケーションには心配無用です。
同社は、2012年の設立から今では約90名という社員規模に成長を果たし、現地と日本において存在感を現しています。

ディアライフ社長安藤功一郎氏について

事業内容は不動産賃貸仲介業で、他にも不動産管理とリフォームやメイド派遣サービスも手掛けます。
バンコクの商工会議所を始め、タイの不動産協会や投資委員会など、複数の団体などに加盟済みですから、文字通り正規の信頼できる企業だといえます。

ディアライフの主要な取引先企業には、日本で幅広く名前が知られる有名企業がずらりと並びます。
それだけ企業からの信頼が厚く、なくてはならないお部屋探しサービスになっていると思われます。

一貫して手厚いサービスを心掛けていますし、何より現地でも日本からでも、電話で気軽に問い合わせできるのが魅力です。
営業時間は限られますが、その間で気軽な質問も本格的なお部屋探しも、皆まとめて相談が行えるようになっています。

ディアライフ公式サイトには情報が盛りだくさん!

タイ全土ではなく、バンコクという地域を絞り込み特化したことで、スタッフの知識や対応力は高いですから、条件の多いお部屋探しも任せられます。
日本人を顧客層に設定していることも、ディアライフの強みや明確な方向性の表れで、それは公式Webサイトでも確認できます。

Webサイトにはバンコクにおけるお部屋探しガイドがあり、全く知識がなくても理想の物件を探すヒントが得られます。
大まかな入居までの手順に加え、バンコクの物件の特徴や種類など、タイでの生活が初めとの人には特に知りたい情報が満載です。

また、物件探しのポイントも教えてもらえるので、タイ・バンコクでの生活に頼れる存在となります。
一方では、失敗せずに済むお部屋探しの情報もありますから、必ず一度は目を通しておくことをおすすめします。

これらは全て無料で提供されていますし、良くある質問と答えのページも設けられているので、隙がない上にいたれりつくせりです。
ディアライフが取り扱っている物件は、全て主要駅でエリア分けがされており、駅の近くで簡単に探せるようになっています。

最寄り駅を指定しての検索も可能ですから、生活する地域が決まっているのであれば、駅を基準にお部屋を絞り込めます。
駅名での絞り込みに限らず、地図を見ながら視覚的に物件を探すこともできます。

タイにはプール付きやサウナを備える物件が多い

反対に、特に住む場所が決まっていない場合は、物件の種類や間取りで絞り込むことも行えます。
条件指定は単独でも組み合わせても良いので、あれこれと検索を試してみて、カタログ的に物件情報を見るだけでも楽しめます。

日本とは違い、タイにはプール付きやサウナを備える物件が多いので、このような設備の条件を加えて検索することも容易です。
しかも家賃は全体的にお得な傾向ですし、ディアライフでは最低価格保証を用意していますから、他社が提示する金額より高くてもお得になります。

物件の数が多過ぎて迷ったり、最終的に1つを決められないという時は、プロにお任せしてしまうのもありです。
現地を詳しくする専門スタッフは、希望の条件に合う物件を探し出し、提案することでニーズに応えています。

申し込みは電話で簡単に済ませられるので、忙しい人にとっても便利で簡単だといえるでしょう。
現地に到着した後は車でお迎えがありますし、物件に案内をして詳しい説明を受けることができます。

提供物件の全てに住宅保険が付いている

ディアライフなら、礼金や仲介手数料が発生しないので、新生活で何かと必要となるお金の節約が実現します。
入居時の手続きやアフターサービスも万全ですから、タイで生活した経験がなくても、現地の頼れる味方として役立つはずです。

加えて、提供物件の全てに住宅保険が付いているので、万が一のトラブルが起こっても経済的な不安が取り除けます。
タイでは盗難や水漏れなどが起こる傾向で、保険を必要とする機会が少なからず発生します。

勿論、誰もが遭遇する問題とは限りませんが、それでも備えあれば憂いなしですから、同サービスでは全物件に保険を付けているわけです。
退去時の原状回復もカバーされる保険ですから、細かいことを気にせず安心して暮らせる、そういった快適性を与えてくれる魅力です。

極めつけは、タイでの生活が初めての人向けの、各種のお役立ち生活情報が挙げられます。
これも公式Webサイトで提供される無料情報ですが、公共料金の支払いや交通手段に、お買い物のコツまで網羅されているのがポイントです。

更に病院や学校と幼稚園など、子供がいる家庭にとって嬉しい情報も満載です。
タイでは珍しくない、メイドさんについての基本情報もありますから、全く知識がなくてもこれ1つで事足ります。