川中商事が解説!最近ではスマートな接待である会食が人気

川中商事が解説!最近ではスマートな接待である会食が人気

時代に伴う接待の移り変わり

ビジネスなどで大切な顧客に対して食事の接待をすることは多いでしょう。
接待という言葉自体は最近ではあまり耳にすることはなくなりましたが、実際には名前を変えて存在し続けています。
それが会食です。

接待というとお酒を進めるだけのあまりイメージがよくない場面を想像してしまいますが、食事をしながらの方が心を割って話を進めることが出来ることもあり、会食という名前で最近でも行われているのです。

そして接待にもきちんとしたマナーがあり、若い人であれば特に身に着けておいた方がいいのです。

会食は食事が目的ではありません。
最終的な目的は会社にとってのビジネスチャンスをものにすることです。
そのためには日本流のおもてなしの心がなければ成功しないとも言えます。

ただ少し前まで学生であった若い人にとっては、相手をおもてなししながら食事をするといった機会は与えられてこなかったでしょう。
あらかじめポイントを押さえておくことで、その会食が成功するかどうかが決まると言っても過言ではないのです。

会食のお店選び

まず重要なのはお店選びです。
オフィスで打ち合わせを行う場合は会社の雰囲気を見ることとなりますが、取引先からすればお店は会社そのものとみられても不思議ではありません。

なぜそのお店を選んだのか、そこからすでに駆け引きは始まっているのです。
そんなお店選びでは実際に足を運んで訪れてみることが大切です。

店の雰囲気や料理の味を確認することはもちろん、料理を出すタイミングや隣の席との距離・化粧室内の衛生状況など取引先を招待するに値する店かどうか判断することが重要です。

お店を実際に訪れて満足のいく接客を受けることが出来たら、本来の予約を取ることになります。
そのときに思い切ってお店の人に話をしておけば、より親身な接客を受けられることもあります。
勘違いして親しげにお店の人と接するのではなく、節度とマナーを守って協力をしてもらえるか聞いてみることが大切です。

当日までに準備をしておくこともたくさんあります。
ビジネスですから、取引先の会社の近況を把握しておくことや社会・経済情勢について情報を仕入れておかなくてはなりません。

食事を予約する上で、体調や食べられないものなどを事前に調べておくことも重要となります。
急に気候が変化することが分かっているときなど、交通状況も把握しておくと安心です。
食事の内容などに気を遣ってもらえることは、相手にとってプラスの印象を与えることは間違いないとも言えます。

服装について川中商事の見解は?

では会食の場ではどのような服装をしていくのがいいのでしょうか。
会社で仕事をした後で食事に向かうことも多いですが、わざわざ着替えることは難しいでしょう。
ですから予定が分かっている場合はあらかじめ服装に気を遣っておきましょう。

男性はスーツで通勤することが多いですが、女性はスーツを着用しない人もいます。
接待をする場合は男性も女性もスーツが基本と言われています。

なるべくダーク調のスーツを選ぶようにします。
もし自分が上に立つポジションの立場であれば、少し明るめのスーツでもOKです。

女性の場合はタイトスカートよりも、少しフレアー気味のスカートの方が座ったときに安心です。
またスカート丈もあまり短すぎないようひざ下にしましょう。

アクセサリーなどをしていてもいいという会社もありますが、大ぶりなもの・高級なものは避けるようにします。
相手に気分良くなってもらうためにも、少し控え目な方が良いと川中商事は言っています。

・・・川中商事の中期経営計画

会話は臨機応変に対応する

接待が目的の食事の場合、いつもよりも長い時間食事の席に座ることとなります。
少なくとも2時間ほどは同じ席で過ごすこととなります。

その際に心配になるのは会話が途切れてしまうことではないでしょうか。
一応のルールは存在しますが、同じ場面は一つとしてないために臨機応変に対応することがポイントとなってきます。

例えば、初めは天候や季節、最近のスポーツのネタなどで相手との距離を縮めていきます。
出てきた食事を気に入ってもらえたならば、素直にそれに共感することも大切です。

気になる料理をお店の人に尋ねることで、第三者を巻き込んで場を盛り上げることも可能となります。
食材から出身地の話題に広げたり、ニュースをネタに取引につながる話題を探ってみるのも一つの手です。

この会話において、相手の心を探ってばかりいると心象を悪くすることもあります。
相手との距離を縮めたいのであれば、まずは自分から心を開くことも重要です。
自分ばかりが話すことはマナー違反となってしまいますが、自分を知ってもらうことも駆け引きには必要と言えるでしょう。

重要な取引では1回の会食で商談成立に結び付くわけではありません。
しかし相手に好印象を持ってもらうことは次につながるチャンスを作ることが出来ます。

最後の会計に際しても、相手を待たせてしまうことはスマートとは言えません。
取引先が気づかないうちに済ませておくか、相手を見送ってから戻って会計を済ませるようにしましょう。
初めからスムーズに行くわけではありませんが、ルールは知っておくことで上手くいくこともあります。