日本の未来を明るくする教育方針

日本の未来を明るくする教育方針

畑恵さんとは?

畑恵は子どもたちの明るい将来のために全ての手を尽くす信念を元に高等学校の理事長として色々な活動を実施しています。

その基本的な方針は高い人間力を育む教育力と、子どもを出産して子育てをしながら社会で女性が活躍することができる女性力と、社会を改革していくイノベーション力の3つの力で成り立っています。

教育力の中で重要な位置を占める人間力は授業の成績が良く偏差値が高いという子どもを育てるということではなく苛酷な環境を生き抜くために必要となる総合的な力のことで、そういった人間力を持っている子どもを育てることを目指しています。

少子化問題に直面して

日本は現在超高齢化社会が深刻な問題になっていますがそれと同時に子どもの人数が急速に減ってしまう少子化が進んでいます。

子どもの人数が減っていくということは日本全体の生産力が減っていくということを意味します。

ですので日本人1人1人の生産力を向上させることがこの深刻な問題を解消させることとなります。

それを実現させるために重要なことが子ども1人1人のそれぞれの人間力を向上させることが必要でそのために教育力を高めることが必須であるということになります。

女性力向上に取り組む畑恵さん

女性力を向上させるためには日本の社会構造自体を変える必要があります。

日本の女性のおよそ6割以上が第1子を産んだのと同時に退職しています。

そして6歳未満の未就学児がいる母親が働いている比率は4割にも満たさず世界の先進国の中でも最低レベルとなっています。

畑恵は同じ日本の女性としてこの現状を変えなければならないと考えています。

畑恵が他に大きな日本の課題として考えているのは基礎研究では世界的に優位な立場を維持していますがせっかく基礎研究で生み出した成果を産業化や実用化に繋げていくイノベーション力があまりないということになります。

また基礎研究で得られた成果のほとんどが外国に流出しています。

このような実情では日本の生産力を向上させることができなくなってしまいます。

畑恵さんの経歴について

このように畑恵は教育力と女性力とイノベーション力を向上させることが日本が発展していくに必須であるという思いから色々な分野で活動を精力的に行っています。

畑恵の経歴を見てみると様々な方面に亘って様々な活動をしていることに驚かされます。

元々はニュースキャスターとして活動していたのですが参議院議員に転身し高校の副院長に就任し2013年にはその高校の理事長に就任しています。

その一方で大学院で学び後期博士課程を修了しています。

このような精力的な活動が日本の未来に多大な貢献をしています。

 

畑恵ブログ