待機児童問題の原因とは

待機児童問題の原因とは

待機児童問題は今や社会的問題になっていますが、未だ明確な解決法を見いだせるまでには至りません。

国も解決に向けて色々と試行錯誤しているゆですが、実際に利用する側からからみるとどこが変わったのかが分からないという程度の変化しかないようです。

待機児童問題とは、保育所に入所の申請をしてもその保育所の受け入れ人数に定員があるために入所できず、順番待ちをする児童が発生しているという問題です。

保育園に入れるために保護者が様々な活動を行うことを保活と呼ぶこともあり、それが保護者の中では大きな負担になっています。

少子化の影響で子供の人数自体は減っているはずなのになぜ待機児童問題が起こるのかと不思議に思う人もいるはずです。

原因には色々なものが複雑に絡み合っているのですが、その中でそれまでよりも外に出て働く女性が増えて保育所の需要が一気に高まったことが関係しています。

賃金の減少や不況といった環境の中、女性も働かざるを得ない状況に追い込まれることも少なくありませんので、小さな子供を持つ親たちは保育所に預ける必要が出てきます。

男性一人の収入で一家を支えることができなくなった、というのが大きな要因になっているようです。

他にも、待機児童問題は都市部を中心に起こっている問題であり、人口の集中によって待機児童が増えてしまっています。

都市部には仕事が多くあり、環境も整っていますので、人口は集中しやすくなります。

新たな施設を作ろうとする動きもあるのですが、実際に建てるとなると周辺住民の反対にあうなどして結局は作れないということも頻繁に起こっているようです。

新たな保育所を作るように嘆願する動きと、自分の住んでいる周辺には作って欲しくないという反対の意見と両方がありますので、スムーズに新しい施設を作るのは困難です。

他にも、保育士の数が不足していることも要因として考えられます。

保育士の資格を持っている人の数は多いと言われていますが、結婚や出産など何らかの理由で一度職を離れた人が復帰をしないケースも多いようです。

これには保育士の労働環境が悪いことも関係しており、労力の割には収入が少ないという意見もあるようです。

また、他人の子供を預かるという責任の重さから、条件に見合わないと考える人も少なくありません。

これらの理由から保育所が不足してしまっているのが現状ですので、女性の労働者を増やすためには早急な解決策が必要です。

出典元:ハッピーマム