MVNOを利用すれば安い料金プランでサービスを利用できる

MVNOを利用すれば安い料金プランでサービスを利用できる

MVNOと呼ばれる通信事業者について

携帯端末のサービスを提供している会社は、大きく分類すると二つの業者に分けることが可能です。

まず、キャリアと呼ばれている大手の通信会社です。

キャリアは、日本全国に存在している会社というわけではなく主に大手の三つの会社のことを指しています。

日本の携帯通信のサービスは、大手の会社によってほぼ独占的に提供されている背景があります。

もちろん、通信事業に参入することは自由ですが、通信インフラの整備などの費用を考慮すると中小企業などの競争力が弱い企業では満足に戦うことができません。

そのため、大手の三社が非常に強い権力を持っており実質的にこれらの会社が通信サービスを牛耳っている現状があります。

そして、もう一つの通信事業者がMVNOと呼ばれる通信事業者です。

MVNOの大きな特徴は、自社で通信インフラを整備していないということです。

上記のように、自社で通信インフラを準備するとコストが莫大なものになってしまうため、なかなか競争をしていくことができなくなります。

一方で、こうした通信インフラを何とかすればそれほど有名な会社ではなくても十分に通信業界で戦って行ける可能性もあります。

この点に目を付けたのが、MVNOという会社です。

MVNOの魅力は、コスト削減を実現させていること

MVNOの魅力は、通信インフラを大手から借りることによって、コスト削減を実現させていることです。

大手の通信事業者は、確かに自社で通信インフラを整備しています。

しかし、その一方で通信インフラを維持するためのコストが必ず必要になります。

大手の会社と言えども、このコストは非常に大きなモノであり簡単に支払っていくことができるものではありません。

そのため、その分のコストの負担を契約をするユーザーに負担してもらうように経営努力をしているのが大手の通信会社の実情なのです。

言い換えると、ユーザーがこうした会社と契約をしてサービスを利用するときには、必ず月額料金が高くなってしまうデメリットが存在します。

反対に、通信インフラを自分の会社で準備していない会社はこのコスト面で大きな費用が必要になりません。

非常に安い価格帯でサービスを提供できるというメリットがある

そのため、こうした大手の会社と比較しても非常に安い価格帯でサービスを提供できるという大きなメリットがあります。

もちろん、安い価格で提供するわけですからそれ相応の難点も存在します。

例えば、サポートが不足していることです。

大手の通信会社の料金の中には、携帯端末がトラブルになって壊れてしまったときのためのプランなども組み込まれています。

そのため、連絡をすればきちんとどうすれば良いのかを教えてくれますし、費用を払えば修理を行ってもらうことも可能です。

ところが、MVNOの場合にはこうしたサポートに関連するコストも削減してユーザーに還元しているため、自分で携帯端末の設定などをしなくてはならないという側面があります。

ですから、初めて携帯端末を利用する人は注意が必要です。

ただ、安い料金で通信サービスを利用することには多くのメリットがあるのも事実です。

自分のライフスタイルに合わせた容量で携帯端末を利用できるのも大きなメリット

最も大きなメリットの一つは、自分のライフスタイルに合わせた容量で携帯端末を利用できることです。

そもそも、携帯端末の扱いに関しては個々人で大きな違いが存在します。

例えば、普段からインターネットのやり取りをパソコンなどのデバイスで行っている人は、わざわざこうした端末を大容量で利用する必要もありません。

動画やゲームをしない人にとっても同様で、大容量のサービスを利用できるとは言ってもサービスを利用する機会そのものが存在しないわけです。

こうした人たちにとって、大きな通信サービスを利用することはメリットがありません。

この点、MVNOではデータサイズに従った様々なプランが準備されています。

例えば、電話や軽いメール程度しか携帯端末を利用しない人にとっては、小さな容量のサービスで利用することもできます。

この場合の料金は、2000円程度で済むこともあります。

一方で、大きな容量で出来るだけ自由に使いたいと考えている人に対しては、無制限のサービスも提供しています。

通信速度に関しても、元々大手キャリアから回線を借りてサービスを提供しているわけですから、安定して速い傾向があります。

無駄な部分は自分で排除して、自分の必要な部分だけ効率的に利用することができるわけです。

また、契約上のトラブルを避けることができるメリットもあります。

大手キャリアの契約には、行政も認める問題点がいくつか存在します。

その問題点の一つに、契約縛りというものが存在します。

これは一般的に二年縛りや三年縛りと呼ばれているもので、一度契約をするといつの間にかその期間内は他社に乗り換えができないような仕組みになっているものです。

契約を中途で解約すると違約金が発生するようになっているため、仕方なく継続的に端末を利用し続けなくてはならない人もいます。

こうした面倒な点がないのもスマモバなどの格安のサービスの特徴なので、ヒトによっては非常に使いやすいサービスとなっています。
※参考サイト「スマモバ(SMART MOBILE PHONE) の公式アカウント